STAFFBLOGスタッフブログ
BLOG

屋根塗装の時期はいつ?

2021/11/02
屋根は、常に雨風や紫外線に耐えながら住宅を守っています。

外壁塗装が必要なように、屋根塗装も住宅寿命を伸ばすためには大切な施工です。

定期的なメンテナンスと屋根塗装をすることで屋根材を保護し、住宅を守ることができます。

しかし、メンテナンス、屋根塗装の時期について迷う人も多いのではないでしょうか。

今回は、屋根塗装の時期についてまとめてみたいと思います。

初めに、「屋根塗装が最適な季節について」

つづいて、「屋根塗装したほうが良いと判断する時期について」

この2つに分けてまとめてみました。

▼屋根塗装が最適な季節について

まず、ご存知のとおり雨が降ると塗料を塗ることが出来ません。

よって梅雨時期は、避けた方が無難だと思います。

さらに、地域によってもベストシーズンが変わってきます。

■積雪のない地域

・雪が降らない地域ですと、春、秋が最適です。

理由としては、冬(5度以下)に塗料を乾燥させると正常に固まらず、劣化を早める可能性があるからです。

反対に夏場は、屋根が50度近くになってしまうため、仕上がりが悪くなってしまいます。

さらに、最近は夏が暑すぎるため作業員が危険だという理由もあります。

■積雪のある地域

・積雪のある地域では、春、初夏、秋が最適でしょう。

ただし、季節の変わり目に雨が降りやすかったり、異常気象による台風がくる可能性は十分にあります。


▼屋根塗装をした方が良いと判断する時期について

屋根材の種類や使用した塗装によって耐用年数が変わってきてしまうため、業者にみてもらうのが一番です。

あくまで参考にしていただきたく屋根材によっての耐用年数をまとめてみました。

■人工スレート系

・7年~10年

■セメント

・10年~15年

■金属系(ガルバリウム)

・10年~20年

■粘土系

・30年~

もちろん、これらの年数に当てはまらない場合も多々あります。

屋根のヒビや破損、雨漏りに気づいた場合、すでに屋根の劣化が進んでしまっていることもあります。

屋根の補修やリフォームなどが必要になってしまう前に定期的なメンテナンス、屋根塗装を行うことをオススメいたします。