STAFFBLOGスタッフブログ
BLOG

屋根塗装で補助金を受け取る方法

2021/10/01
屋根塗装の平均相場は、40万~60万円と言われています。
メンテナンスの目安は10~20年なので、なるべく費用を抑えたいですよね。
実は、屋根塗装は自治体の補助金を受け取ることが出来るのです。受け取り方法や注意点をまとめました。
▼屋根塗装で補助金を受け取る方法
申請から受け取りまでの流れを説明していきます。
■お住いのエリアの補助金受け取りの条件を確認する
補助金を受け取るには各自治体が出している条件を満たさなければいけません。役場の窓口に電話するかホームページで確認できます。
■屋根塗装を頼む業者に見積もりをもらう
条件に当てはまっていれば、見積書を出してもらいましょう。申請時に必要な書類です。
■申請書を受け取り自治体へ申請する
自治体のホームページにて申請書をダウンロードできます。自治体によっては郵送が出来る場合もあります。
■交付の決定
自治体の職員などによって審査されます。補助金の交付が決定するまで、約3週間かかります。
■屋根塗装工事
業者に屋根塗装工事を行ってもらいます。
■自治体へ報告書と請求書を提出
屋根塗装の工事が完了したら、報告書と請求書を作成し、自治体へ提出します。
■自治体によるチェック
施工された工事が条件を満たしているかの確認があります。完了報告の写真で済む場合もあります。
■補助金の振込
指定された口座に補助金が振り込まれます。受け取りまで2,3週間ほどかかります。
▼屋根塗装で補助金を受け取るときの注意点
屋根塗装で補助金を受け取るときの注意点をまとめました。
・各自治体の条件をクリアする
・申請受付は予算がなくなると終了する
・申請や認定はすぐには結果が分からない
まずは補助金交付の条件を満たさなければ始まりません。自治体によっては条件が細かいところもあるので、必ずチェックしましょう。
補助金は、決められた予算内での交付となる為、予算がなくなり次第終了することもあります。公募のタイミングを逃さないように注意です。

補助金の交付が決まれば、少し安心出来ますね。
条件も意外と難しいものは少なかったりするので、一度自治体のホームページを確認されてみてはいかがでしょうか。