STAFFBLOGスタッフブログ
BLOG

外壁塗装のコーキングについて

2020/08/15
コーキングって聞いたことありますでしょうか?
今回は、お客様からのご質問のあったコーキングについて紹介していきたいと思います。

外壁塗装に欠かせないコーキング。
また、シーリングとも言われることもあります。

▼コーキングとシーリングの違い
コーキングとシーリングの違いは特にありません。
塗装業者では、同じ意味を指します。

■外壁塗装以外では呼び方が異なる
ただし、建物や外壁塗装以外では、呼び方が異なる場合もあるようです。

船体⇒コーキング
蒸気機関車⇒シーリング

少し話がそれてしまいましたので、外壁塗装のコーキングに話を戻しますね。

▼コーキングとは??
コーキングとは「隙間を埋める」「詰め物をする」という意味から、外壁などからの雨水侵入を防ぐため、塗装前にひび割れを補修することを指します。
塗装する前に、コーキング打ち込み・打ち替えは欠かせない工事となります。

▼コーキング工事は2種類
・コーキング打ち替え
・コーキング打ち増し

劣化しているコーキングは打ち替えることで長持ちさることができます。
さらに、外壁塗装の手順を見ていただくと分かりやすいかと思います。

▼外装塗装の手順
①足場を組む
②壁を高圧洗浄
③下地調整
④コーキング補修
⑤養生
⑥下塗り
⑦中塗り
⑧仕上げ塗り
⑨確認作業
⑩足場解体
⑪完了

新築から数年でコーキングは傷んできてしまいます。
壁の種類や構造によっても変わりますが、外壁塗装の前にコーキングの打ち直しが必要になってきます。

コーキング箇所については、一概に同じとは言えませんが基本的なコーキング箇所は下記の通りです。

▼コーキング箇所は?
・外壁パネルのつなぎ目
・ガラスサッシ・窓枠
・パイプや配管まわり

コーキングは外壁だけでなく内装でも大事な役割を果たしてくれます。
例えば、浴室や浴槽など、水が漏れないようにコーキングが施工されています。

他にキッチンまわりや洗面台にもコーキングがしてあり、水の侵入を防いでくれているんです。
最近ではDIYなどでもおなじみのコーキングですが、しっかり補修するには専門の技術が必要となります。

コーキングをご検討されていましたら、外壁塗装専門の弊社へお気軽にお問い合わせください。