STAFFBLOGスタッフブログ
BLOG

外壁塗装で使うシリコン塗料とは?

2020/07/28
外壁塗装や屋根の塗装ではシリコン系塗料が人気だと言われていますが、どのようなところが良いのか詳しく見ていきたいと思います。
▼シリコン塗料とは?
一般的に広く使われている定番の塗料がシリコン塗料です。
塗料の主成分として、合成樹脂に対して一定程度のシリコンが含まれているものを指し、シリコンの含有量が高いほど耐用年数も長くなります。
費用と耐久年数に優れているので、使用する塗料に迷ったらとりあえずシリコン塗料に決めても失敗することはほぼありません。
外壁で10~15年と耐久性が高く、ツヤのある光沢仕上がりになるので汚れがつきにくく長期間に渡って綺麗なままの状態を保つことが可能です。

▼シリコン塗料のメリット
・耐久年数が長い
・価格と耐久性のバランスが良い
・汚れがつきにくい
・高耐熱性に優れていて紫外線に強い
・光沢保持率が高くきれいなツヤが長期間続く
・塗料の種類が豊富

▼シリコン塗料のデメリット
・ひび割れが発生しやすい傾向にある
・密着性が低い
シリコン塗料にはデメリットも存在しますが、総合的に見ると優秀な塗料であると言えます。
一般的な住宅であればほとんどの業者がシリコン塗料の使用をすすめているので、迷った時はシリコン塗料がおすすめです。

▼シリコン塗料は外壁塗装に適している塗料
シリコン塗料は、外壁に使用するのにもっとも適しています。
その理由としてメリットからも分かったように汚れが付着しにくく、防汚性に優れているからです。
外壁はさまざまな汚れが付着しやすい環境にありますが、そのような汚れが目立ちにくい点はとても適していると言えます。
外壁塗装の際には外壁に近い付帯部分にもシリコン塗料を使用することがおすすめです。
違う塗料を使用してしまうと外壁部分と付帯部分に塗膜の劣化の差が出てくることもあるので注意しましょう。
シリコン塗料についてまとめてきましたが、他に疑問点や相談したいことがありましたら弊社まで気軽に相談してみてくださいね。